April 10, 2018 / 2:33 AM / 10 days ago

サッカー=ローマ監督、劣勢も「信念を持って最後まで戦う」

[ローマ 9日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ローマのエウセビオ・ディフランチェスコ監督は、10日に行われるバルセロナ(スペイン)との欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦への意気込みを語った。

 4月9日、サッカーのイタリア・セリエA、ローマのエウセビオ・ディフランチェスコ監督は、10日に行われるバルセロナとの欧州CL準々決勝第2戦への意気込みを語った(2018年 ロイター/Max Rossi)

ローマは敵地での第1戦では1─4で敗れた。しかしディフランチェスコ監督は、今大会でチェルシー(イングランド)を3─0で下したことを指摘し、挽回は可能だとした。

同監督は報道陣に対し、「3点を追うのは厳しい要求だが、われわれには挑戦する義務がある」とコメント。

さらに「想像もできないことを達成するには、試合終了の笛が吹かれるまで情熱と信念を持ってプレーしなければならない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below