August 7, 2019 / 12:34 AM / 3 months ago

サッカー=選手兼コーチのルーニー「常に指導者は考えていた」

 米メジャーリーグサッカー(MLS)のDCユナイテッドでプレーする元イングランド代表主将ウェイン・ルーニー(右)は6日、来年1月からイングランド2部ダービーで選手兼任コーチに就任すると発表した(2019年 ロイター)

[6日 ロイター] - 米メジャーリーグサッカー(MLS)のDCユナイテッドでプレーする元イングランド代表主将ウェイン・ルーニー(33)は6日、来年1月からイングランド2部ダービーで選手兼任コーチに就任すると発表した。

かつてイングランド代表でルーニーと一緒にプレーしたフランク・ランパード氏は昨季にダービーを指揮し、チームをプレーオフ決勝まで導いた。同氏は現在、イングランド・プレミアリーグのチェルシーを指揮。また、同じく代表で同僚だったスティーブン・ジェラード氏は現在スコットランドのレンジャーズを率いている。

ルーニーは報道陣に対し、「彼らが監督業にいくのを見るのは素晴らしいことだが、それだけが理由ではない。常に指導者になりたいと強く思ってきた」と述べ、「若いイングランド人の監督がチャンスを得られるのは非常にいいこと。正しい時期が来たら私もそうなりたいが、まず最初の目標はプレーすることだ」と続けた。

ルーニーはDCユナイテッドとの契約期間を2年残しているが、ダービーのフィリップ・コクー監督と話したことで、米国での期間を短縮して退団することを決断したとのこと。コクー監督はルーニーについて、高いクオリティーと経験を持ち、今後アカデミーとトップチームの選手の指導を行うと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below