October 18, 2018 / 3:11 AM / a month ago

新番組でオピオイド事故死の設定、ロザンヌ・バーが怒りのツイート

 10月17日、米ABCは16日、主役を演じるロザンヌ・バー(写真)の人種差別的なツイートが原因で5月に打ち切った人気コメディ番組「ロザンヌ」のスピンオフ番組「ザ・コナーズ」の放送を開始し、ロザンヌ・コナーは鎮痛剤オピオイドの過剰摂取事故で死亡した設定とした。バーは自身の役柄の死に方について「残忍で病的」と批判した。写真は1月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米ABCは16日、主役を演じるロザンヌ・バーの人種差別的なツイートが原因で5月に打ち切った人気コメディ番組「ロザンヌ」のスピンオフ番組「ザ・コナーズ」の放送を開始した。

新番組にはバーは関わっておらず、前作の主役「ロザンヌ・コナー」は鎮痛剤オピオイドの過剰摂取事故で死亡した設定になっている。

バーは自身の役柄の死に方について「残忍で病的」と批判した。

17日明らかになったニールセンのデータによると、ロザンヌ抜きの「ザ・コナーズ」第一話の視聴者数は1050万人で、3月にリバイバルで開始された「ロザンヌ」第一話の1840万人を43%下回った。

バーはツイッターで怒りの声明を出し「オピオイドの過剰摂取で死ぬという設定は、ハッピーなファミリードラマに不必要な残忍で病的な要素を与えた」と述べ、「私は死んでない!!!」と付け加えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below