for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

りそなHD、4―12月期の純利益は8.6%減の917億円 与信費用が増加

 1月29日 りそなホールディングス(HD)が発表した2020年4―12月期の連結決算は、純利益が前年同期比8.6%減の971億円だった。写真は2010年、東京で撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] - りそなホールディングス(HD)が29日発表した2020年4―12月期の連結決算は、純利益が前年同期比8.6%減の971億円だった。与信関係費用の増加に加え、保険や不動産の手数料収入の減少が響いた。本業のもうけを示す実質業務純益は同2.4%減の1630億円となった。

与信関係費用は313億円で、昨年から187億円増加した。年間予想(500億円)に対する進捗率は62.6%。

21年3月期の連結業績予想については、純利益が前期比21.3%減の1200億円で据え置いた。IBESのコンセンサス予想では、アナリスト11人の予想平均値が1209億円となっている。

新田裕貴

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up