May 24, 2018 / 2:05 AM / 5 months ago

ピュリツァー賞作家のフィリップ・ロス氏死去、米文学界の巨匠

[22日 ロイター] - 現代アメリカ文学を代表する作家、フィリップ・ロス氏が22日夜、うっ血性心不全のためニューヨークで死去した。85歳だった。

 5月22日、現代アメリカ文学を代表する作家、フィリップ・ロス氏が22日夜、うっ血性心不全のためニューヨークで死去した。85歳だった。写真は2010年9月撮影(2018年 ロイター/Eric Thayer)

30作以上の小説を発表したロス氏は、1959年のデビュー作「さようならコロンバス」で全米図書賞を受賞して脚光を浴びた後も、1991年の「父の遺産(Patrimony)」 で全米批評家協会賞を受けるなど多くの文学賞を受賞した。1997年には「アメリカン・パストラル」でピュリツァー賞を受賞した。

最も知られる小説は1969年の「ポートノイの不満」で、ニューヨークに住むユダヤ人青年の屈折を描いた長編。

50年を超える作家生活ののち、2010年の「ネメシス」を最後の小説にすると述べ、引退を表明していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below