April 6, 2018 / 5:02 AM / 2 months ago

英王室マニアの米国女性、ヘンリー王子の結婚式を見に大西洋横断

[ニュー・フェアフィールド(米コネチカット州) 5日 ロイター] - 英国のヘンリー王子と米女優メーガン・マークルさんの結婚式が5月19日に迫る中、英王室マニアを自認する米国人女性のドナ・ワーナーさん(66)は、大西洋を横断して2人を目撃しに行くのを楽しみにしている。

 英国のヘンリー王子と米女優メーガン・マークルさんの結婚式が5月19日に迫る中、英王室マニアを自認する米国人女性のドナ・ワーナーさん(66、写真)は、大西洋を横断して2人を目撃しに行くのを楽しみにしている。3月20日に米コネチカット州で撮影(2018年 ロイター/Michelle McLoughlin)

「私は王室のスーパーファン」と言うワーナーさんは、これまで多くの王室関係者の祝賀イベントを目撃。2016年のエリザベス女王の90歳の誕生日を記念したパレードでは、女王と「目が合い、うなずいてくれた」という。

5月に向け、英国行き飛行機のチケットとホテルは予約済み。ただ、式の3日前から2人が一番よく見える「ベストスポット」で並ぶ予定で、部屋は洗面所やトイレしか使わない。

ピンク色の小型テントを持っており、並んでいる間はテントから足だけ突き出した状態で待つ予定。夜間に寒くないよう、使い捨てカイロを100個注文した。

王室の魅力について「王様や女王様、お城、宝石に豪華なパーティー。おとぎ話のよう」と述べ、「ときに世界は問題だらけだが、こんなことも起きると考えるのは素敵なこと」と話した。

3人の子供は既に成人しており、ワーナーさんはニューヨークから約100キロメートルのニュー・フェアフィールドに住んでいる。自宅の棚は、王室グッズが所狭しと並べられており、究極の夢は「女王陛下と握手すること」だと語った。

Slideshow (2 Images)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below