August 19, 2019 / 5:44 AM / 3 months ago

英蘭シェル、シンガポールでEV充電設備を整備へ

 8月19日、英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは、シンガポールにある傘下のガソリンスタンドで電気自動車(EV)充電設備を導入すると発表した。写真はロンドンのガソリンスタンド。2016年1月にロンドンで撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[シンガポール 19日 ロイター] - 英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)は19日、シンガポールにある傘下のガソリンスタンドで電気自動車(EV)充電設備を導入すると発表した。EV充電サービスの提供は東南アジアでは初めて。

「シェル・リチャージ」と呼ばれるEV充電サービスは、シンガポールにあるシェルのガソリンスタンドの約2割に相当する10カ所で10月までに開始する予定。

同サービスは通常、約30分間で8割の充電が済む。シンガポール国内を走る大半のEVに対応する。

シェルが外部機関に依頼した調査によると、シンガポールの人々の52%は、国内に十分な充電ステーションがないことを理由にEVの購入や利用をためらっている。

シェルのシンガポール法人の幹部は「シンガポールは気候変動の目標を達成するために、人々の生活や企業活動や輸送で持続的に利用できる一段とクリーンなエネルギーを必要としている」と強調。シェルは今後、シンガポールでのクリーンなエネルギーの提供を拡大する計画だと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below