December 17, 2018 / 7:45 PM / a month ago

米国が対ロ制裁発動ならロシア格付け見通し引き下げの公算=フィッチ

[ロンドン 17日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは、米国が外国投資家によるロシア新発債の購入を実質的に阻止する制裁措置を発動させた場合、現在「ポジティブ」としているロシア格付け見通しを来年、引き下げる可能性があることを示唆した。

米政府はこれまでに、米国を含む外国投資家によるロシア新発債の購入を実質的に阻止する制裁措置の導入を提示。ただ、実際に発動されるかは来年初旬まで判明しないと見られている。

フィッチのソブリン部門のトップアナリスト、ジェームズ・マコーミック氏はロイターに対し、「国債取引を巡り(米国が)制裁措置を発動させれば、ロシアの格付け見通しを『ポジティブ』から引き下げる公算が大きい」と述べた。

ただ制裁発動の恐れがなければ、ロシアの格付けは現在の「BBBマイナス」より高くなるとの見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below