for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ラグビー=イングランド監督、南アフリカのフィジカルの強さ警戒

 ラグビーのイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ監督は、W杯日本大会の決勝(11月2日)で対戦する南アフリカのフィジカルの強さを警戒している。横浜で26日撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[東京 28日 ロイター] - ラグビーのイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ監督は、ワールドカップ(W杯)日本大会の決勝(11月2日)で対戦する南アフリカのフィジカルの強さを警戒している。

2007年にチームアドバイザーとして南アフリカのW杯優勝に貢献したジョーンズ氏は27日、準決勝の南アフリカ─ウェールズ戦を横浜のスタジアムで観戦。予想通りの「タフで厳しい準決勝だった」と振り返った。

そのジョーンズ氏は28日、報道陣に対し「南アフリカのフォワードパックはとてもアグレッシブでフィジカル。前半より後半のメンバーの方がより強力だった」とコメント。「困難な相手だが、われわれは弱点をいくつか知っている」と話した。

また、南アフリカのラッシー・エラスムス監督について、「彼は抜け目のないコーチ。われわれは予想外のプレーに対しても準備している」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up