November 8, 2019 / 1:18 AM / 13 days ago

ラグビー=W杯優勝南アのポラードら、決勝の激戦で重傷

 ラグビーのW杯日本大会で優勝した南アフリカ代表のSO、ハンドレ・ポラードが決勝のイングランド戦で重傷を負っていたことが明らかになった。横浜で2日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[ケープタウン 7日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で優勝した南アフリカ代表のスタンドオフ(SO)、ハンドレ・ポラードが決勝のイングランド戦で重傷を負っていたことが明らかになった。

ポラードは32─12で勝利した一戦にフル出場したものの眼窩骨折しており、手術を受けた。復帰には6週間かかる見通し。南アフリカ・ラグビー協会が7日に発表した。

また、ロック(LO)のルード・デヤハーも同試合で右肩を脱臼し、途中交代していた。デヤハーは来週、ケープタウンで手術を受ける予定となっており、全治4週間から6週間と見込まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below