July 17, 2019 / 1:20 AM / a month ago

ラグビー=南アのムタワリラ「4年間、W杯だけ考えてきた」

 ラグビーの南アフリカ代表、プロップのテンダイ・ムタワリラ(左)は16日、9月に日本で開幕するワールドカップ(W杯)に向けて「4年間ずっと考えてきた」と意気込みを語った。ニュージーランドのウェリントンで2018年9月撮影(2019年 ロイター/Ross Setford)

[ヨハネスブルク 16日 ロイター] - ラグビーの南アフリカ代表、プロップのテンダイ・ムタワリラは16日、9月に日本で開幕するワールドカップ(W杯)に向けて「4年間ずっと考えてきた」と意気込みを語った。

ムタワリラは報道陣に対し、「とてもわくわくしている。この4年間、W杯のことだけ考えてきた。大きな大会だし、精神、体、魂をボクス(南ア代表)に捧げるつもりだ。全試合に出る気でいる」と決意を語った。

代表107試合出場のムタワリラは「ビースト」の愛称で親しまれ、今回のW杯で先発出場が有力視される実力者だが、33歳のベテランであり、今大会が最後のW杯になる可能性がある。

ムタワリラは今後については「代表チーム内では多くの競争があるが、それがさらに一生懸命取り組むという私の動機になるので、いいことだ。(引退に関する)決断は年内に下す」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below