September 19, 2019 / 3:13 AM / a month ago

ラグビー=日本がロシアとの開幕戦へ、ジョセフHCは楽観論に警鐘

 開幕が迫るラグビーW杯日本大会で、アジアで初の開催国となる日本は期待を背負い、どの国よりも強いプレッシャーの中で初戦を迎えようとしている。写真は日本代表のジェイミー・ジョセフHC(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 開幕が迫るラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、アジアで初の開催国となる日本は期待を背負い、どの国よりも強いプレッシャーの中で初戦を迎えようとしている。

20日に東京スタジアムで対戦する1次リーグ初戦のロシアは世界ランキング20位で2回目のW杯出場で、日本のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)にとっては対戦の順番として最も良い相手になったと目される。

日本は他のティア2の国と比較して好条件にあり、初の準々決勝進出を果たすことで世界的な序列を崩すことを狙っている。

A組の日本はアイルランド、サモア、スコットランドとの対戦成績によって最終成績が決まる可能性が高いが、多くのテレビ視聴者が予想される開幕戦での勝利は歴史を作ることができるという雰囲気を作り上げる。

ただし、ジョセフHCは18日、自分たちが優勢であるという見方を否定し、ロシアは昨年11月に32─27の辛勝だった相手だと指摘。「私たちは彼らに多くの敬意を払っている。前回の勝利は幸運に恵まれた」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below