November 4, 2019 / 2:11 AM / 8 days ago

ラグビー=ジョーンズ監督、21年の現行契約満了まで続投か

 イングランド・ラグビー協会(RFU)は3日、エディー・ジョーンズ監督が現行契約が満了を迎える2021年まで同国代表を率いるとの見解を示した。横浜で2日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[3日 ロイター] - イングランド・ラグビー協会(RFU)は3日、エディー・ジョーンズ監督が現行契約が満了を迎える2021年まで同国代表を率いるとの見解を示した。

ジョーンズ監督は2016年にワールドカップ(W杯)日本大会終了までの契約でイングランド監督に就任したが、18年1月にこの契約を2年延長。2日のW杯決勝では、南アフリカに敗れて優勝を逃した。同監督は試合終了後、今後の去就に関するコメントはしなかった。

ジョーンズ監督は、マイケル・チェイカ現監督のことし限りでの退任が決まっているオーストラリア代表へ移籍する可能性も浮上している。しかし、RFUの最高経営責任者(CEO)を務めるビル・スウィーニー氏は、スカイスポーツに対し、「彼はこれまで非常に明確に意思表示してきた。2021年まで契約を全うすることを約束していて、私は彼の言葉を信じている」と述べた。

また、ジョーンズ監督に対して23年W杯までの4年契約延長をオファーする予定でいるとし、「彼との現行契約は2021年までとなっているので、われわれはこれから話し合いをするだろう」とも話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below