August 5, 2019 / 1:50 AM / 13 days ago

ラグビー=オールブラックスのレジェンド、ロッコア氏が死去

ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」のレジェンド、ブライアン・ロッコア氏が3日、がんで死去した。ニュージーランドのテクイティで2017年8月代表撮影(2019年 ロイター)

[ウェリントン 4日 ロイター] - ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」のレジェンド、ブライアン・ロッコア氏(78)が3日、がんで死去した。ニュージーランド・ラグビー協会が明らかにした。

ロッコア氏はオールブラックスの黄金時代だった1960年代に活躍したナンバー8で、同代表の主将も務めた。70年に引退するが、翌71年に負傷者続出で招集された際には復帰を快諾した。

現役引退後は指導者の道に進み、83年にオールブラックスのセレクターに就任。85年から87年には同代表監督を務め、87年の第1回ワールドカップ(W杯)では母国を優勝に導いた。

その功績が認められ、99年には政府からナイト爵位を授与された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below