October 5, 2019 / 2:44 AM / 12 days ago

ラグビー=南アフリカ、退場者出したイタリアを下す

 ラグビーのW杯日本大会は4日、1次リーグB組の1試合を行い、南アフリカがイタリアに49─3で勝利した。写真は後半、イタリアのアンドレア・ロボッティ(左1番)が退場処分になった場面(2019年 ロイター/Peter Cziborra)

[袋井市(日本) 4日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は4日、1次リーグB組の1試合を行い、南アフリカがイタリアに49─3で勝利した。

前半を南アフリカが17─3でリードして折り返した試合は、後半開始直後にイタリアのアンドレア・ロボッティが退場処分となり、数的優位に立った南アフリカが突き放した。

南アフリカのシヤ・コリシ主将は、試合後に報道陣へ「厳しい立ち上がりだった。フォワードの戦いになると分かっていたので、最初のスクラムから全てを出そうと思っていた」と述べた。

イタリアのセルジオ・パリッセ主将は「強敵との対戦だった」とした上で、「後半に巻き返そうと試みたが、退場者が出てからは非常に困難になってしまった」と話した。

B組は3試合を終えた南アフリカとイタリアが勝ち点10で並び、1試合少ないニュージーランド代表「オールブラックス」が同9で続いている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below