July 29, 2019 / 3:18 AM / in 3 months

ラグビー=南ア監督、NZ戦の引き分けに好感触

ラグビーの南アフリカ代表を指揮するラッシー・イラスマス監督は、27日に行われた南半球4カ国対抗のニュージーランド戦で引き分けたことを前向きに捉えた。英カーディフで2018年11月撮影(2019年 ロイター)

[ウェリントン 28日 ロイター] - ラグビーの南アフリカ代表を指揮するラッシー・イラスマス監督は、27日に行われた南半球4カ国対抗のニュージーランド戦で引き分けたことを前向きに捉えた。

南アフリカ代表はニュージーランド代表「オールブラックス」と16─16で引き分けた。ワールドカップ(W杯)でともにプールBに属する両国は9月21日に直接対決を控えており、この一戦はそれぞれの決勝トーナメントの道筋に大きな影響を与える可能性がある。

イラスマス監督はニュージーランド代表と引き分けたことについては「ラッキー」だったとし、「W杯に関連づけるのは意味がない。中立地での開催であり、状況も異なるし、違うものになるだろう」と冷静に語った。

ただ、その一方で「多くのポジティブな要素を受け取ることができるのは確かだ。彼らは世界ナンバーワンのチームであり、われわれが目標とするベンチマークだ」と話し、強敵相手に互角に渡り合えたことを前向きに捉えていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below