November 27, 2019 / 2:20 AM / 11 days ago

ラグビー=ジョーンズ監督の副官が退任、豪州代表コーチ就任か

ラグビーのイングランド代表、エディー・ジョーンズ監督の下でアタックコーチを務めたスコット・ワイズマンテル氏(写真)が、契約満了に伴って退任することが明らかになった。英ブリストルで8月撮影(2019年 ロイター)

[シドニー 26日 ロイター] - ラグビーのイングランド代表、エディー・ジョーンズ監督の下でアタックコーチを務めたスコット・ワイズマンテル氏(49)が、契約満了に伴って退任することが明らかになった。

ジョーンズ監督が明かしたもので、英デイリー・メール紙に「スコットの契約はワールドカップ(W杯)で終わり、話し合いをしたが、彼は先に進む決断を下した。次にどんな役目を担うにしても、彼なら素晴らしい仕事をすると分かっている。さみしくなるが、彼と家族の成功を祈る」と語った。

ワイズマンテル氏は、オーストラリア代表コーチに就任するとの見方が強まっている。豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドは26日、2019年W杯日本大会でオーストラリア代表のコーチを務めていたショーン・バーン氏の後任になることで合意していると報じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below