September 20, 2018 / 1:29 AM / a month ago

ラグビー=日本代表のジョセフHC、選手の積極性向上を評価

[東京 19日 ロイター] - ラグビーの日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は19日、開幕まで約1年と迫った2019年ワールドカップ(W杯)日本大会での8強入りに自信を見せた。

 9月19日、ラグビーの日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHCが会見で日本代表について語った。2017年11月にフランスのナンシーで撮影(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

2016年にエディー・ジョーンズ前HCから代表指揮を引き継いだジョセフHCは記者会見で「私が就任した時、日本の選手たちは受動的で、リーダーシップと指示を待つ状態だった。チャレンジ精神や積極性に乏しく、ミスを恐れて、理解が完全に及ぶまではトライしようとしなかった」と述べた。

それでも現状についてジョセフHCは「今は選手たちは自信を持ち、積極的で、ゲームでもチャレンジしている。失敗を恐れていない。これこそが勝利に向かう方法だと考えている」と続けた。

W杯の1次リーグA組で、日本はアイルランド、スコットランド、ロシア、サモアと対戦する。大会へ向けた準備について聞かれたジョセフHCは「この2年間で選手たちのゲームプランへの理解は深まり、自分やコーチ陣への信頼も高まった。来年はより洗練させる作業を始める1年になる」と答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below