October 2, 2019 / 4:32 AM / in 15 days

ラグビー=日本代表SH田中、国内の熱狂にオールブラックス気分

 ラグビーの日本代表SH田中史朗(左端)は1日、W杯1次リーグで同代表が2連勝して国民からの注目が非常に高まっていることを受け、オールブラックスになった気分と語った。英トゥイッケナムで2018年11月撮影(2019年 ロイター)

[東京 1日 ロイター] - ラグビーの日本代表SH田中史朗は1日、ワールドカップ(W杯)1次リーグで同代表が2連勝して国民からの注目が非常に高まっていることを受け、ニュージーランド代表「オールブラックス」になった気分と語った。

日本代表は先月20日に行われたロシアとの開幕戦に勝利すると、28日には開幕時に世界ランク1位だったアイルランドに逆転勝ちして金星を飾った。4年前の大会で歴史的快挙とたたえられた南アフリカ戦の勝利を思い出させるような格上からの白星で史上初のベスト8進出に一歩前進し、日本国内での期待が大きく高まっている。

ニュージーランドのクラブ、ハイランダーズに所属したことがある田中は、移動の際に東京駅構内でファンに花道を作られて祝福され、多くの人から声をかけられた様子を振り返り、オールブラックスになった気分と話した。

日本の次戦は今月5日のサモア戦。田中は日本にはトライを奪える力があると自信を示し、計4トライで与えられる勝ち点ボーナス1を視野に入れつつも、トライを意識しすぎるとミスした時に相手にチャンスを与えてしまうため、まずは勝利を優先するとコメント。その上で機会があれば、ボーナスポイントのことは常に頭に入れておくとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below