October 4, 2019 / 2:12 AM / 17 days ago

ラグビー=日本、サモア戦で「ベンチ強力にするため」堀江が控え

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフHCは3日、W杯1次リーグ第3戦のサモア戦(4日)の先発メンバーを発表し、第2戦アイルランド戦のスタメンだった堀江翔太(写真)ら3選手を入れ替えた。静岡で9月撮影(2019年 ロイター/Peter Cziborra)

[豊田市 3日 ロイター] - ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は3日、ワールドカップ(W杯)1次リーグ第3戦のサモア戦(4日)の先発メンバーを発表し、第2戦アイルランド戦のスタメンだった堀江翔太ら3選手を入れ替えた。

歴史的勝利を飾ったアイルランド戦でプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた堀江のほか、トンプソン・ルークとアマナキ・レレイ・マフィが先発から外れ、主将リーチ・マイケル、ビンピー・ファンデルバルト、坂手淳史がスタメンに名を連ねる。

また、リーチが背番号6(フランカー)で復帰するのに伴い、アイルランド戦で同ポジションだった姫野和樹はサモア戦ではナンバーエイトで先発する。

ジョセフHCはメンバー変更について「接戦が多くなっているし、試合の最後にはものすごいプレッシャーがかかってくる。そのため、ベンチを強力にしておくことが重要」と報道陣に説明した。

堀江については「ショータ・ホリエはアイルランド戦で非常に良かったし、80分フル出場していた。彼もベンチから経験をもたらしてくれるので、そういう意味でバランスを取った」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below