October 9, 2019 / 1:22 AM / in 7 days

ラグビー=オールブラックスが警戒「イタリアは死に物狂いでくる」

 ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」でアシスタントコーチを務めるイアン・フォスター氏は、W杯日本大会1次リーグ最終戦で、イタリアが死に物狂いで戦いにくると警戒している。写真はハカを舞うニュージーランドの選手たち。東京で6日撮影(2019年 ロイター/Matthew Childs)

[東京 8日 ロイター] - ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」でアシスタントコーチを務めるイアン・フォスター氏は、ワールドカップ(W杯)日本大会1次リーグ最終戦で、イタリアが死に物狂いで戦いにくると警戒している。

B組では南アフリカがすでに決勝トーナメント進出を決めており、12日のニュージーランド─イタリア戦の結果により、8強入りするもう1チームが決定する。

ニュージーランドが勝ち残るとの見方が強いが、4トライを決め、7ポイント以上の差をつけて勝てば、イタリアにも準々決勝進出の可能性が残されている。

フォスター氏は8日に報道陣に対し、「彼らもまだ準々決勝に進める可能性がある。彼らにとっては生きるか死ぬかの一戦なので、イタリアは全力で戦ってくるだろう」と述べ、「それをリスペクトし、(イタリアが)どれほど激しく、死に物狂いでくるのかを理解しなければ、われわれはたたきのめされるだろう」と警戒した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below