October 23, 2019 / 2:01 AM / 23 days ago

ラグビー=NZ主将が練習欠席も、監督「100%プレーできる」

 ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」の主将キーラン・リード(写真)はふくらはぎ痛のため22日の練習に参加しなかったが、スティーブ・ハンセン監督は26日に行われるW杯準決勝のイングランド戦には出場できるとの見通しを示した。別府で1日撮影(2019年 ロイター/Peter Cziborra)

[東京 22日 ロイター] - ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」の主将キーラン・リード(33)はふくらはぎ痛のため22日の練習に参加しなかったが、スティーブ・ハンセン監督は26日に行われるワールドカップ(W杯)日本大会準決勝のイングランド戦には出場できるとの見通しを示した。

ハンセン監督は22日に記者団に対し、リードの状態について「問題ない。彼はジムでバイクをこいでいたから姿を現さなかった。先日、試合でふくらはぎに張りが出たので、ぬれたグラウンドでやらせたくなかった」と説明した。

そして、エディ・ジョーンズ監督率いるイングランドとの一戦には間に合うかどうか聞かれると、「100%、大丈夫」と出場に太鼓判を押した。

一方、大会前に肩を脱臼し、準々決勝のアイルランド戦で再び肩を痛めたマット・トッドに関しては「順調に回復しているものの間に合うほどではない。幸運にも、来週行われる次のゲームに進めればプレーできるだろう」と語り、イングランド戦には出られないと話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below