October 22, 2019 / 1:38 AM / 23 days ago

ラグビー=W杯準々決勝、審判とファンの写真が物議

 ラグビーのW杯日本大会、準々決勝のフランス─ウェールズ戦で審判を務めたジャコ・ペイパー氏(中央)が、試合後にウェールズのファンと一緒に撮影した写真が物議を醸している。大分で20日撮影(2019年 ロイター/Peter Cziborra)

[東京 21日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会、準々決勝のフランス─ウェールズ戦で審判を務めたジャコ・ペイパー氏が、試合後にウェールズのファンと一緒に撮影した写真が物議を醸している。

ペイパー氏は20日に行われたこの試合で、相手選手の顔面に肘打ちしたフランスのセバスティアン・バハマヒナを退場処分に。この時点でフランスは19─10とリードしていたが、19─20の逆転負けを喫した。

ソーシャルメディアで拡散している写真には、笑顔で肘打ちを連想させるポーズを取っているペイパー氏が、勝利を喜ぶウェールズファンと写っているという。

フランス・ラグビー連盟のセルジュ・シモン副会長はツイッターを介し、「この写真のことが事実であれば、ショッキングであり、説明が必要になる」とコメントしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below