August 23, 2019 / 2:33 AM / a month ago

ラグビー=日本でプレーしたポーコックら、豪州W杯メンバー入り

 ラグビーのオーストラリア代表を率いるマイケル・チェイカ監督は23日、9月日本開幕のW杯に臨む代表メンバー31人を発表し、日本のトップリーグのパナソニックでプレーした経験があるデービッド・ポーコック(写真)が選出された。パリ郊外のサンドニで2016年11月撮影(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[シドニー 23日 ロイター] - ラグビーのオーストラリア代表を率いるマイケル・チェイカ監督は23日、9月日本開幕のワールドカップ(W杯)に臨む代表メンバー31人を発表し、日本のトップリーグのパナソニックでプレーした経験があるデービッド・ポーコック(31)が選出された。

ふくらはぎの負傷に悩まされているポーコックは昨年11月のイタリア戦を最後に代表戦に出ておらず、今年のスーパーラグビーでも出場は限られている。同じくベテランで、神戸製鋼に所属したことのあるアダム・アシュリークーパーも選出。近鉄に加入するウィル・ゲニアも名を連ねた。

また、19歳で唯一代表未出場のジョーダン・ペテアが選出されている。

チェイカ監督は声明で「31人だけを選ぶのは非常に難しいプロセスだった。しかし、選ばれた選手は選出されなかったチームメートの完全なサポートを受けて日本に向かう。日本のフィールドを駆ける時、人々の望むクオリティを届けられるよう熱心に取り組む」と意気込みを示した。

1次リーグD組のオーストラリアは9月21日の初戦でフィジー、29日にウェールズ、10月5日にウルグアイ、11日にジョージアと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below