September 23, 2019 / 12:21 AM / a month ago

ラグビー=W杯、イングランドがトンガに快勝

 ラグビーのW杯日本大会は22日、各地で1次リーグ3試合を行い、C組でエディ・ジョーンズ前日本代表HCが指揮するイングランドはトンガに35─3で快勝。写真はルーク・コワンディッキーのトライの場面(2019年 ロイター/Peter Cziborra)

[札幌 22日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は22日、各地で1次リーグ3試合を行い、C組でエディ・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチ(HC)が指揮するイングランドはトンガに35─3で快勝した。

イングランドは前半10分にオーウェン・ファレルのペナルティゴールで先制すると、その4分後に同点に追いつかれたものの、同23分と同30分にマヌ・ツイランギが立て続けにトライを決めるなど前半を18─3で折り返した。

イングランドは後半にもジェイミー・ジョージ、ルーク・コワンディッキーがトライを奪い、トンガに最後までトライを許さず白星スタート。計4トライでボーナス点の1を含む勝ち点5を獲得したジョーンズHCは「時にラグビーとはこういうもので、ボールが落ち着かなかった。何点か取り損ねたが、選手たちの姿勢にはとても満足した。これで真剣勝負の場で2試合連続ノートライに封じた」と振り返った。

そのほか、日本と同じA組のアイルランドはスコットランドに27─3で勝利。計4トライで勝ち点5とし、日本と勝ち点で肩を並べた。 B組のイタリアはナミビアから7トライを奪い、47─22で勝った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below