Reuters logo
ラグビー=「日本はW杯の経済効果を過小評価」とWRトップ
2016年10月12日 / 04:31 / 1年後

ラグビー=「日本はW杯の経済効果を過小評価」とWRトップ

[11日 ロイター] - ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)のブレット・ゴスパー最高経営責任者(CEO)は、2019年ワールドカップ(W杯)を開催する日本では、大会がもたらす経済効果を過小評価している可能性があると述べた。

 10月11日、ラグビーの国際統括団体、WRのブレット・ゴスパーCEOは、2019年W杯を開催する日本では、大会がもたらす経済効果を過小評価している可能性があると述べた。ロンドンで2015年10月撮影(2016年 ロイター)

2015年W杯イングランド大会は英国外から40万6000人の訪問客を迎え、23億ポンド(約2930億円)の経済効果を呼んでラグビー史上最大の成功を収めた。

共同通信によると、ゴスパー氏は一般経済への影響として、2015年ラグビーW杯は2000年シドニー五輪を上回り、2012年ロンドン五輪とほぼ類似していたとし、「日本の政府はラグビーW杯がどれほど経済に寄与するか驚くと思う」と述べた。

また、アジア初のラグビーW杯開催となる2019年日本大会の準備状況についてゴスパー氏は、2015年イングランド大会の時よりも進んでいるとし、課題はあってもすべてうまくいくことを確信していると語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below