March 29, 2019 / 1:37 AM / a month ago

ストーンズから着想得たバレエ上演、M・ジャガーが音楽監修

[サンクトペテルブルク(ロシア) 27日 ロイター] - ロシア・サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で26日夜、英バンド「ザ・ローリング・ストーンズ」にインスパイアされたバレエ作品が上演された。

同バンドのボーカル、ミック・ジャガー(75)のパートナーで、バレリーナのメラニー・ハムリックが振り付けを担当。「Porte Rouge」(赤いドア)と題された8分間のショーは、ジャガーが音楽を監修し、ストーンズの楽曲「黒くぬれ!」「悪魔を憐れむ歌」「シーズ・ア・レインボー」が使用されている。

ハムリックは、ジャガーがコンサート中に楽しんでいる感覚などを取り入れようとしたと説明。ジャガーについて「動き方がとてもユニークで自由だ」と述べた。

ショーを鑑賞したダンサーの男性は「誰もが知っている曲をこのようなスタイルで楽しむのは面白い。振り付けもオリジナルだった」と感想を語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below