for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア、クリミア半島沖で「領海侵犯」の英駆逐艦に警告の砲爆撃

[モスクワ/ロンドン 23日 ロイター] - ロシアは23日、黒海のクリミア半島沖で「領海侵犯」した英駆逐艦を追い払う目的で、警告のための砲撃と爆撃を行ったと発表した。

英国はロシア側の説明を否定し、砲撃は事前に伝えられていた訓練によるものだとの見解を示すとともに、爆撃も受けていないと主張。ただ駆逐艦「ディフェンダー」が、ウクライナの領海とみなす海域を航行したことを認めた。英国防省は声明で、ディフェンダーが「国際法に基づいてウクライナ領海を無害通航した」と述べた。

ジョンソン英首相の報道官は「ディフェンダーが砲撃された、あるいはロシア領海を航行したと言うのは、どちらも正しくない」と語った。

軍事専門家は、ロシアと英国のどちらの言い分が正確なのかは別にして、今回の件は西側とロシアの間でシーレーンを巡る対立がエスカレートしていることを物語ると指摘した。

ロシア外務省は、ディフェンダーの通航を「あからさまな挑発」と非難した上で、この問題で英国大使を呼び出すと表明している。

ロシアは2014年のクリミア編入によって、クリミア半島沿岸はロシアの領海になったと考えているが、西側は引き続きクリミアをウクライナの一部と定義し、ロシアの領海という主張を受け入れていない。

英海軍退役大佐のマーク・グレイ氏はロイターに「駆逐艦の航行はクリミア問題でロシアの対応の本気度を試す目的で実行された」と解説した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up