October 11, 2018 / 5:40 AM / 9 days ago

訂正-ロシアで「ネコ長官」採用、野良猫70匹を世話 なでるのも業務

[モスクワ 10日 ロイター] - ロシア西部にある海辺の街ゼレノグラーツクで、野良猫約70匹を世話する「ネコ長官」の募集が行われた。「ネコ好きの街」としてアピールするのが狙いだ。

 10月10日、ロシア西部にある海辺の街ゼレノグラーツクで、野良猫約70匹を世話する「ネコ長官」の募集が行われた。「ネコ好きの街」としてアピールするのが狙いだ。写真は、選考の結果採用された、地元住民のスベトラナ・ログノワさん。(2018年 ロイター)

約80人から応募があったといい、選考の結果、地元住民のスベトラナ・ログノワさんが採用。自転車と、明るい緑色の上着、黒い蝶ネクタイ、帽子という制服が支給された。

ログノワさんには、街に住むすべてのネコが幸せに暮らせるよう、月に5700ルーブル(約9500円)の予算が与えられた。この中には食べ物に加え、ネコをなでたり、かごに入れて無料で自転車に乗せてあげる費用が含まれている。

ログノワさんは「私だけで全部のネコを世話することはできないので、手助けしてもらえればありがたい」とコメント。「みんなが私を知っていて、スベトラナが自転車に乗って来たよ、と言われる」と話した。

街の文化・芸術当局者は「(児童小説に出てくる)メリー・ポピンズのように、見ればすぐに誰だかが分かるスタイルが必要だった。ログノワさんが緑色の制服を着てネコに食べ物をあげていると、人々は近寄ってきて写真を撮っていく」と述べた。

ゼレノグラーツクではネコの像が建てられたほか、市章にもネコがあしらわれた。

*記事中の「5700ルピー」を「5700ルーブル」に訂正して再送しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below