for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア、サイバー犯罪による経済損失は今年440億ドルに=ズベルバンク

ロシア銀行最大手ズベルバンクは17日、同国は今年、サイバー犯罪により440億ドルの経済損失を被るとの推計を発表した。写真はバイナリーコードのプロジェクションに映る、ラップトップを使う人の影。2018年3月撮影。(2020年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration/File Photo/)

[モスクワ 17日 ロイター] - ロシア銀行最大手ズベルバンクSBER.MMは17日、同国は今年、サイバー犯罪により440億ドルの経済損失を被るとの推計を発表した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)と衛生関連の規制から、世界的に実店舗への来客数が減少し、取引方法が現金からオンラインにシフトする中、サイバーセキュリティに対する懸念が増大している。

ズベルバンクは、2021年にはサイバー犯罪による経済損失が倍増する可能性があるとしている。

同行のスタニスラフ・クズネツォフ取締役会副会長は、「われわれは、1日平均260億件のサイバーセキュリティー事案に対応しなければならない」と述べた。

同行は昨年、顧客データの流出を経験しており、国際刑事警察機構(インターポール)や、国際的な資金決済ネットワークである国際銀行間通信協会(SWIFT)、その他の組織と、サイバー犯罪対策に関する知識と経験を共有していると説明した。

10月に公表された内務省のデータによると、ロシア国内の銀行のカードに関連した犯罪は今年、500%増加している。

ズベルバンクは、サイバー攻撃の撃退に100%成功しているとしている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up