May 25, 2018 / 2:54 PM / 3 months ago

IMF専務理事、保護主義けん制 「世界貿易体制脅かされている」

[サンクトペテルブルク(ロシア) 25日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は25日、世界の貿易体制が脅かされつつあり、保護主義への傾倒は重大な誤りだと警鐘を鳴らした。

ラガルド専務理事はロシアで開催されている経済フォーラムで、世界貿易体制の弱体化を望む向きが世界の成長見通しに影を落としていると指摘。保護主義に訴えることは重大な誤りで、貿易戦争で勝者は存在せず、自らが傷を負うことになるとけん制した。

同フォーラムにはプーチン・ロシア大統領も出席している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below