May 25, 2018 / 3:44 PM / 7 months ago

米国の対中赤字批判に違和感=IMF専務理事

[サンクトペテルブルク(ロシア) 25日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は25日、米国の対中貿易赤字批判に違和感があるとの認識を示した。

経済フォーラムで述べた。中国の知的財産権侵害を巡る米側の訴えは、世界貿易機関(WTO)で討議すべきだと指摘した。

また、単独行動は行動を起こした国自身にも悪影響を及ぼすと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below