May 31, 2013 / 9:48 AM / 6 years ago

ロシア大統領、経済発展相を補佐官に起用へ=関係筋

[モスクワ 31日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領はベロウソフ経済発展相を経済担当補佐官に起用する人事を決定したと、関係者は31日明らかにした。

ベロウソフ経済発展相は中央銀行の次期総裁に指名されているエリビラ・ナブウリナ氏の後任となる。 

この人事によってプーチン大統領は自身の周囲に忠実な人物をさらに固めることとなり、アナリストによると、メドベージェフ首相の立場は一層低下し、政策に戦略的な権限を持たずに実務だけを担う首相となることが予想される。

景気回復のために金融と財政の両面で緩和的な政策を推進するプーチン大統領は、昨年政府歳出と債務に制限を設ける予算改革を行ったメドベージェフ首相に不満を募らせている。

政府・中銀に近い関係者によると、ベロウソフ経済発展相の後任には中銀のウリュカエフ第1副総裁が指名される可能性がある。

現大統領補佐官のナブウリナ氏は6月23日に中銀総裁に就任する予定だ。同氏は、現在7%超と、中銀の目標を上回って推移するインフレ率を抑制し、成長を促進することにより重きを置くと述べている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below