Reuters logo
陸上=ロシア陸連、世界選手権も出場停止の見通し
2017年2月7日 / 01:09 / 9ヶ月前

陸上=ロシア陸連、世界選手権も出場停止の見通し

[6日 ロイター] - 国際陸上競技連盟(IAAF)は6日、国ぐるみのドーピングにより資格停止処分となっているロシア陸連について、11月まで処分を継続すべきとの見方を示した。

 2月6日、国際陸上競技連盟(IAAF)は、国ぐるみのドーピングにより資格停止処分となっているロシア陸連について、11月まで処分を継続するべきとの見方を示した。写真中央はIAAFのセバスチャン・コー会長(2017年 ロイター/Eric Gaillard)

IAAFのタスクフォース担当者は「全てが予定通りに進めば、2017年11月には処分を全面的に解除する」とコメント。「それまでロシア陸連の処分を解除する考えはない」と説明した。

この結果、ロシアの選手は世界選手権(8月にロンドンで開催)への出場が厳しくなった。ロシア陸連は2015年11月から資格停止処分に。処分解除が見送られた昨年、ロシアの大半の陸上選手がリオデジャネイロ五輪に出場できなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below