September 28, 2018 / 1:27 AM / 20 days ago

陸上=ロシア陸連がCASに提訴、資格停止解除求め

[モスクワ 27日 ロイター] - スポーツ仲裁裁判所(CAS)は27日、ロシア陸連が国際陸連(IAAF)から受けている資格停止処分の解除を求めて提訴したことを受け、調停手続きを開始したことを発表した。

ロシア陸連は国家ぐるみの組織的ドーピングを行っているという世界反ドーピング機関(WADA)の報告を受け、2015年11月から資格停止処分を受けている。

その後、WADAが今月20日に条件付きでロシア反ドーピング機関(RUSADA)の処分を解除したことを受け、ロシア陸連は処分取り消しを求めてCASに提訴した。

一方、IAAFは26日に、ロシア陸連が明確に基準を満たした場合に限って資格回復を認めるとし、判断の正当性に自信を見せた。IAAFはロシア陸連の資格回復に関し、12月にモナコで開かれる理事会で議論を行う。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below