for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア批判の実業家ティンコフ氏、設立企業の株式売却へ

ロシアの実業家でティンコフ銀行創業者のオレグ・ティンコフ氏は自身が設立したTCSグループ・ホールディングの35%の株式をロシアの富豪ウラジーミル・ポターニン氏が率いるインターロス・ホールディングに売却した。写真はティンコフ氏。2019年6月撮影(2022年 ロイター/Maxim Shemetov)

[ロンドン 28日 ロイター] - ロシアの実業家でティンコフ銀行創業者のオレグ・ティンコフ氏は自身が設立したTCSグループ・ホールディングの35%の株式をロシアの富豪ウラジーミル・ポターニン氏が率いるインターロス・ホールディングに売却した。両社が28日に発表した。

ティンコフ氏は先週19日、ロシアによるウクライナ侵攻を「狂気の戦争」と批判し、プーチン大統領が威厳を保ちつつ軍を撤収できる方法を提示するよう西側に呼びかけていた。

TCS株式の売却額は不明。TCSの株価はロシアのウクライナ侵攻を受けた西側諸国の制裁発動以降、急落している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up