for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ルーブル急伸、先週の急落から反発 株式まちまち

5月30日、モスクワ取引所のルーブル相場は不安定な取引の中、急伸。写真はルーブル紙幣。2016年1月撮影(2022年 ロイター/Kacper Pempel)

[30日 ロイター] - モスクワ取引所のルーブル相場は不安定な取引の中、急伸。先週の急落から反発している。資本規制や輸入の減少など力強い貿易収支が寄与している。

先週は、中央銀行の利下げや追加利下げの示唆を受けて急落していた。資本規制の緩和見通しや国債デフォルト(債務不履行)の可能性も嫌気されていた。

0807GMT(日本時間午後5時07分)現在、ルーブルは対ドルで5%近く上昇し、63.47ルーブル。25日には55.80ルーブルと、2018年2月以来の高値に上昇していた。

対ユーロでは6%高の65.40ルーブル。25日には7年ぶり高値の57.10ルーブルまで上昇していた。

ロコインベストの投資担当責任者は「全般のファンダメンタルズは、あまり変わっていない。対ドルで60─63ルーブルに戻る可能性は否定できない」と述べた。

ロシア株はまちまち。ドル建てRTS指数は4.2%高。ルーブル建てMOEXロシア指数は0.3%安。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up