August 19, 2019 / 5:45 PM / 4 months ago

ロシア放射線観測データ途絶、軍施設事故後=核実験禁止条約機関

ウィーンに本部を置く「包括的核実験禁止条約機関」は19日、ロシア北部アルハンゲリスク州の軍実験施設で発生した8日の爆発事故から2日後に、現場に最も近い放射線観測所2カ所からのデータ発信が途絶えたことを明らかにした。 アテネで3月撮影(2019年 ロイター/COSTAS BALTAS)

[ウィーン 19日 ロイター] - ウィーンに本部を置く「包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)」は19日、ロシア北部アルハンゲリスク州の軍実験施設で8日に爆発事故が発生してから2日後に、現場に最も近い放射線観測所2カ所からのデータ発信が途絶えたことを明らかにした。

この件に関して、観測所を運営するロシア国防省はコメントを控えている。

8日の爆発事故について、国営原子力企業ロスアトムはロケット実験の際に発生したと説明。死亡した5人の研究員は12日に閉鎖都市のサロフに埋葬された。

近隣都市では事故後に放射線量が上昇。ロシア当局はこれについて説明していないが、米国に本拠を置く核問題専門家は、ロシアはプーチン大統領が昨年表明した、原子力を動力源とした巡航ミサイルの試験を行っていた可能性があるとの見方を示している。

CTBTOによると、爆発現場に近いドブナとキーロフにある放射線観測所からのデータ発信が10日に途絶えた。CTBTO報道官は、ロシア当局から「通信とネットワークの問題」が発生しているとの通告があったとし、CTBTOは現在「観測所がいつ全面復旧するのかロシア側からの情報を待っている」と述べた。

CTBTOのゼルボ事務局長が提示したシミュレーションによると、爆発事故による噴煙は10日と11日にはドブナとキーロフに達している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below