May 20, 2019 / 7:25 AM / a month ago

焦点:宙に浮くロシア産「汚染原油」、西側と支払い巡る泥沼劇

[ロンドン/モスクワ 15日 ロイター] - その請求書に記載されているのは、ベラルーシからドイツへと至るパイプライン内で何週間も滞留している、有機塩素化合物に汚染された大量のロシア産石油の代金だ。

だが、誰もその代金を払おうとはしない。

1カ月前にこの石油を購入したのは、西側諸国の石油会社と欧州の石油精製企業だ。その後、この石油が使いものにならないことが判明したが、今のところ、彼らは支払い停止には踏み切っていない。

世界第2位の石油輸出国ロシアとの良好な長期的関係を維持し、長引くロシア裁判所での訴訟闘争を避けるためだ。

西側の購入企業数社はむしろ、ロシア側生産者に対し、売り手と買い手双方で、今回のトラブル解消とコスト分担の方法について合意が得られるまで、汚染された原油の支払いを先送りできないか打診していると、ロシア産石油取引に関与している4人のトレーダーは言う。

パイプライン内、あるいはタンカーに積まれたまま行き場を失っている汚染原油は推定1900万バレル、買い手にとっては12億ドル(約1300億円)がかかった問題だ。

欧州の石油精製企業の関係者によれば、買い手側はロシア側生産者に対して、原油の汚染除去のために銀行預金の形で保証金を拠出するか、今週までとなっている代金支払期限を今回の危機が解消されるまで先送りすることを望んでいるという。

「ベラルーシからドイツまでのパイプラインに、どの精製企業も引き取りたがらない汚染された石油が約80─90万トン残っている」と同関係者は語る。「パイプラインを再開するには、この石油をどこかに排出しなければならない。だが、欧州の精製企業がすべてのコストを負担するとロシア側が考えるのは間違いだ」

同関係者によれば、ロシア側の石油生産者は、欧州の大手バイヤーが示した提案にまだ回答していないという。

「われわれは、問題解決を支援し、汚染石油に対する解決策を見つけようという姿勢でいるが、そのコスト負担を助けるため、ロシア側の生産者も金銭的保証に踏み切ってほしい」と別の欧州バイヤー関係者は語る。

ロシア国営石油大手ロスネフチは、この問題についてコメントするのは時期尚早であると話している。ロシア第2の石油会社ルクオイルはコメントを拒んでおり、スルグトネフテガスは、バイヤーとのあいだで通常の商談を進めていると語った。

国際的な石油会社や商社は、汚染危機について公式のコメントを発表していない。

ロシアのパイプライン独占企業トランスネフチは、補償問題についてコメントを拒否。同社は14日、有機塩素化合物による汚染は生産者による添加の可能性しか考えられないと述べ、自らの責任を否定した。

<5月の支払期限>

ベラルーシが欧州の石油精製企業及びパイプライン運営企業に対し、全長5500キロのドルジバ・パイプライン網を経由して欧州に向かっている原油が有機塩素化合物によって深刻に汚染されていることを告げたのは、3週間前である。

ドルジバ・パイプライン経由によるロシア産石油の輸送は停止され、原油価格は過去半年で最高となる1バレル=75ドル以上に上昇した。米国や中東産のシェールオイルとの競争激化のなかで、石油輸出国としてのロシアの評判は傷ついた。

ロシアはその後、石油は国内のある生産者によって意図的に汚染されたと発表したが、生産者の名称は明らかにしなかった。ベラルーシは、ドルジバ・パイプライン経由で欧州向けにクリーンな石油供給を再開するには数カ月を要するとしている。

有機塩素化合物は、油井の汚れを落とし、原油の流れを加速するために用いられるが、それは石油がサプライチェーンに乗る前に除去されるべきものであり、化合物が残っている場合、精製設備にダメージを与える可能性がある。

パイプラインの運用を再開するには、汚染された石油を排出し、どこか別の場所に保管する必要がある。そうすれば、汚染されていない石油を使って、場合によっては1対30もの割合で希釈し、有機塩素化合物を安全なレベルにまで下げることができる。

ドルジバ・パイプライン内の汚染石油の処理には数千万ドルのコストがかかるとトレーダーは推測。その一方で、5月半ばが支払期限となる汚染石油の代金を誰が負担するのかという問題は残されたままだ。

<12億ドル規模の問題>

ドルジバ・パイプライン経由での欧州向け輸出は、数十にも及ぶ売り手と買い手、そして銀行が絡む、ひどく複雑な話となっている。通常、仲介事業者経由で支払いが行われた時点で契約は次回取引に向けて繰り越され、信用状も更新される。こうして石油はパイプラインを流れ続けるわけだ。

だが今回の汚染は、この流れを断ち切ってしまった。

ロシア側生産者は欧州の精製企業に対し、ドイツ、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、チェコ共和国を経由するドルジバ・パイプラインを使って石油を販売する。これらの精製企業を保有するのは、たとえばポーランドの石油精製企業PKNオーレン(PKN.WA)やグルパ・ロトス(LTSP.WA)、MOL(MOLB.BU)、トタル(TOTF.PA)、エニ(ENI.MI)、シェル(RDSa.L)といった企業だ。

ロシア側の石油生産者が原油をトランスネフチに引き渡すと、適切な品質の原油を欧州のパイプライン運営会社に提供する責任は、実質的にトランスネフチが担うことになる。

ポーランドのPERNやスロバキアのトランスペトロルといったパイプライン運営会社がトランスネフチからの石油の受領を確認すると、原油の所有権はただちにロシア側の売り手から欧州側の買い手へと移転される。

だが、この時点では、金銭的なやり取りは何も発生しない。支払いは通常、翌月中旬が期限とされているからだ。つまり、ドルジバ・パイプライン経由で4月に輸出された石油の代金は、5月中旬に支払われることになる。

商社関係の情報提供者によれば、汚染原油は少なくとも1900万バレルで、現在の市場価格で12億ドル相当が未払いとなっている。

このうち、800万バレルはドルジバ・パイプライン内にあり、残りの1100万バレルはバルト海のウストルガ港でタンカーに積み込まれた。これらのタンカーは現在、欧州の沖合で停泊している。石油を購入した商社が精製企業に転売できずに苦労しているからだ。

一方、ロシア側の生産者は、4月中に販売した石油に関して、すでに輸出関税や鉱物資源採取税などの税金をロシア国家に納めており、売掛金の回収ができるか焦っている。

<「高くつく作戦」>

トレーダーによれば、支払期限が迫るなかで、西側の石油バイヤーはいずれも、銀行に対して支払い停止を指示していないという。支払いを停止すれば厳しい反動が生じかねないからだ。

「もちろん、適切な品質の石油を受け取っていないから支払わないと言うことはできる」と大手コモディティ商社の幹部は言う。「だが、そんな最後の手段を望む者はいない。われわれは責任ある対話を好んでいる」

別の大手バイヤーの関係者は、ウストルガ港から積み込まれた原油の代金は期限通りに支払われるが、品質の低さを理由に、売り手に対する損害賠償請求が付されることになる、と話している。

買い手と売り手の協議をさらに難しくするのは、対象となるさまざまな石油取引契約が異なる法制度に基づいて行われていることだ。

パイプライン経由での石油売買の大半は、ロシア法に準拠して行われている。ロシア法では、石油の品質に関する問題については解釈の余地がある。一方、これらの契約に詳しいトレーダーによれば、ウストルガ港からの輸出は、主として英国法に準拠しているという。

スウェーデンの精製事業者プリームは、「ロシア産原油のサプライチェーン全体を通じて、複雑な賠償請求処理になると予想される」と指摘する。

ベラルーシの精製事業者ナフタンは、4月中に供給された低品質の石油について、名前を明かさないロシア側サプライヤーに対してすでに賠償請求を行ったと述べている。

 5月15日、その請求書に記載されているのは、ベラルーシからドイツへと至るパイプライン内で何週間も滞留している、有機塩素化合物に汚染された大量のロシア産石油の代金だ。写真はバルト海沿岸で2月、ロシアのパイプライン独占企業トランスネフチの原油貯蔵タンク(2019年 ロイター/Vladimir Soldatkin)

だが今のところ、汚染された石油をドルジバ・パイプラインから除去する方法について、そして誰が費用を負担するかについて、売り手と買い手が合意に達するまでは、パイプラインは休止状態を続けることになる。

欧州精製企業のトレーダーは、「ドルジバ・パイプラインの平時の輸送能力からすれば、1日停止するごとにロシアにとって8000万ドルの減収になる。これは高くつく作戦だ」と話している。

(Dmitry Zhdannikov記者, Olga Yagova記者、Gleb Gorodyankin記者、翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below