Reuters logo
五輪=ロシア副首相「個人資格での平昌参加は屈辱」、RIA報道
November 18, 2017 / 3:28 AM / a month ago

五輪=ロシア副首相「個人資格での平昌参加は屈辱」、RIA報道

[モスクワ 17日 ロイター] - ロシアのムトコ副首相は、2018年冬季五輪平昌大会でロシアが国として参加できないとしたら屈辱で、受け入れることはできないと述べた。ロシア通信(RIA)が17日伝えた。

 11月17日、ロシアのムトコ副首相は、2018年冬季五輪平昌大会でもしもロシアが国として参加できないとしたら、屈辱で受け入れることはできないと述べた。モスクワで7月撮影(2017年 ロイター/Sergei Karpukhin)

国家ぐるみのドーピング問題が伝えられているロシアの平昌五輪参加に関しては、国際オリンピック委員会(IOC)が12月5日─7日に行う理事会で判断する予定となっており、選手らの個人資格による参加しか認められない可能性がある。

ムトコ氏は、ロシアには世界反ドーピング機関(WADA)に協力する用意があるとする一方で、WADA側も協力的な姿勢をみせる必要があると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below