December 4, 2019 / 7:18 AM / 3 days ago

シベリアの永久凍土で子犬発見 1万8000年氷漬け、被毛も完全

[3日 ロイター] - シベリアの永久凍土から発見された1万8000年前に死んだと見られるイヌ科動物の子どもが公開された。

保存状態は極めて良く、イヌかオオカミかは今後の分析待ちだが、ロシアの科学者によると、世界最古のイヌの可能性がある。

科学者らが公開したこの遺骸には被毛、筋肉などの軟部組織、乳歯、まつ毛がそのまま残っていた。ただ、これはイヌなのか、それともオオカミなのかは、さらなる分析が必要だという。

ヤクーツクにあるマンモス博物館の展示責任者、セルゲイ・ヒョードロフ氏は「永久凍土層の状態からみて、死んだのは100―200年前かもしれなかったが、ストックホルムの研究所で放射性炭素の分析をしたところ、1万8000年前に死んだものだと分かった」と説明した。

研究者らは、「ドゴール」と名付けられたこの子どもは生後2カ月だったと考えている。

ヤクーツクでは近年、ケブカサイやホラアナライオンの赤ちゃんなどが永久凍土から発見された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below