for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア、3000人以上を拘束 ナワリヌイ氏釈放へ全土で抗議集会

[モスクワ 23日 ロイター] - ロシアの反体制指導者ナワリヌイ氏の釈放を求める抗議運動が全土に広がる中、治安当局は同氏の妻を含め、これまでに3000人を超える参加者を拘束した。

当局は違法な集会への参加は刑事告発や身柄拘束の対象になると警告、新型コロナウイルスに感染するリスクもあるなどとして、人々に抗議活動から距離を置くよう促した。

しかし、零下50度という酷寒にもかかわらず、各地の抗議集会には多数の反対派が結集。ロイターの取材によると、首都モスクワでは4万人以上が参加する集会が開かれ、警察が手荒く人々を拘束し、警備のバンに押し込む場面もあった。ナワルヌイ氏の妻、ユリア氏も一時拘束され、釈放された。

ロシア外務省はロイターが報じた4万人以上という参加人数には疑問があるとしている。

同国NGOの「OVD-Info」によると、抗議集会はおよそ100カ所の都市や町で開かれ、全土での拘束者数はモスクワでの1294人、サンクトペテルブルクでの489人を含め、3296人に達した。

ロシア当局による抗議集会への弾圧に対し、米国務省は「人々が正当な権利を行使できるようロシア当局に拘束者全員の釈放を求める」との声明を発表。欧州連合(EU)は「行き過ぎた武力の行使」であるとロシアを批判、英国は「平和的な反対派やジャーナリストに対する暴力行為」を非難する声明を出した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up