for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア反体制派ナワリヌイ氏に実刑、西側との関係悪化懸念

[モスクワ/ワシントン 2日 ロイター] - モスクワの裁判所は2日、ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に対し、懲役3年6月の実刑判決を下した。米英仏を含む西側諸国は同氏の即時釈放を呼び掛けており、今後ロシアとの関係が一段と悪化する恐れがある。

米国のブリンケン国務長官は声明で「ロシア当局がナワリヌイ氏に実刑判決を下したことを米国は深く懸念している」とし、「ナワリヌイ氏を無条件で即時釈放するよう、ロシア政府に呼び掛ける。(抗議活動に参加し)不当に拘束された多くのロシア市民の解放も呼び掛ける」とした。

ナワリヌイ氏の弁護士によると、自宅軟禁されていた時期があるため、実際の懲役期間は2年8カ月になる。弁護団は上告するとしている。

ナワリヌイ氏は政治的な動機に基づいていると非難。モスクワの裁判所の周辺にはこの日も支持者が集まり、治安当局は約70人を拘束した。監視団体は370人が逮捕されたとしている。

ナワリヌイ氏が療養先のドイツから帰国した直後に逮捕されたことを受け、ロシアでは過去2週末にわたり、同氏の釈放を求める抗議デモが全国的に実施された。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up