for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア大統領府、西側との関係悪化望まず ナワリヌイ氏巡り

[モスクワ 26日 ロイター] - ロシア大統領府は26日、野党勢力の指導者ナワリヌイ氏の病気が原因で西側諸国との関係が悪化することを望んでいないと表明、ロシアも同氏が重体に陥った原因の究明を望んでいるとの声明を発表した。

ナワリヌイ氏は移動中に意識不明の重体となり、毒を盛られた疑いが持たれている。ドイツの首都ベルリンにある病院に移送され、治療を受けているが、病院側は24日、初期段階の検査で同氏に毒物が盛られた痕跡を確認したと発表した。

ドイツや米国などはロシア政府に調査を求めている。

ロシア大統領府は、同氏に毒が盛られたと判断するのは時期尚早だと主張。診察の結果は確定していないとの認識を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up