February 20, 2019 / 6:19 PM / 10 months ago

プーチン大統領の核ミサイル巡る発言、プロパガンダに過ぎず=米国務省

[ワシントン 20日 ロイター] - 米国務省報道官は20日、ロシアのプーチン大統領による核ミサイル配備を巡る発言は「プロパガンダ」に過ぎず、中距離核戦力(INF)廃棄条約の違反疑惑から注意をそらすことが狙いとの認識を示した。

プーチン大統領は同日、施政方針を盛りこんだ年次教書演説を行い、米国がロシアに近い地域に新たな核ミサイルを配備すれば、ロシアもミサイルを配備して対抗するとの姿勢を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below