October 25, 2019 / 10:53 AM / a month ago

ロシア中銀が予想外の大幅利下げ、金利6.5% 追加利下げも

 10月25日、ロシア中央銀行は政策金利を7%から6.5%に引き下げると発表した。写真は中銀本店。2018年12月3日、モスクワで撮影(2019年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 25日 ロイター] - ロシア中央銀行は25日、政策金利を0.5%ポイント引き下げ、6.5%とした。利下げ幅は過去2年間で最大。事前の市場予想では0.25%利下げを見込む向きが大半だった。中銀はインフレ鈍化を理由に追加利下げを行う可能性を示唆した。

中銀は声明で「情勢が基本シナリオに沿って展開した場合、中銀として追加利下げの可能性を検討する」と表明。利下げ理由としては消費者物価指数(CPI)の伸びが目標の4%を下回っているためとし「ディスインフレ(低インフレ)のリスクは短期的にインフレ高進リスクを上回る」と指摘した。

また中銀はロイターに対し、金利が6ー7%の範囲内であれば金融政策は依然中立的と捉えられると確認した。

年末時点のインフレ見通しは3.2ー3.7%とし、従来の4.0ー4.5%から引き下げ、来年の見通しも従来の約4%から3.5ー4.0%に修正。ただ、長期的には依然としてインフレ高進リスクを見込んでいるとした。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below