for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プーチン氏「西側はレッドライン警告軽視」、バイデン氏と年内会談も

ロシアのプーチン大統領は、西側諸国がロシア政府の発する「レッドライン(越えてはならない一線)」の警告を軽視しているという認識を示した。11月18日、モスクワで撮影(2021年 ロイター/Sputnik/Mikhail Metzel/Pool via REUTERS)

[モスクワ 18日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は18日、西側諸国がロシア政府の発する「レッドライン(越えてはならない一線)」の警告を軽視しているという認識を示した。米国との関係については「不満足」としつつも、米政府との対話には引き続き「オープン」と述べた。

プーチン大統領はテレビ演説で、西側諸国の爆撃機がロシア国境から20キロ以内の地点を飛行しているとし、「われわれはこうした状況について重ねて懸念を表明しているが、西側諸国はロシアのレッドラインに関する警告を表面的にしか受け取ってないと理解している」と語った。

さらに、北大西洋条約機構(NATO)が対話に向けた全てのメカニズムを台無しにしていると批判した。

また、ペスコフ大統領報道官は、17日に行われた ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)の電話会談について、プーチン大統領とバイデン米大統領との会談に向けた「準備の枠組み」と説明した。

パトルシェフ、サリバン両氏による会談では、サイバーセキュリティーやウクライナ、ベラルーシ国境での移民危機などについて協議が行われた。

ロシア通信(RIA)によると、ペスコフ報道官は、プーチン大統領とバイデン大統領が年内にオンライン会談を開催する可能性があるという見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up