February 20, 2019 / 6:34 AM / a year ago

ロシアで昔の蒸気機関車が復活、定期便は1976年以来

 2月20日、ロシアのトベリ地域で、1976年以来初めて定期便の蒸気機関車が昨秋から復活し、地元の人々を楽しませている。写真は9日、オスタシコフ駅で撮影(2019年 ロイター/Maxim Shemetov)

[20日 ロイター] - ロシアのトベリ地域で、1976年以来初めて定期便の蒸気機関車が昨秋から復活し、地元の人々を楽しませている。

機関車が走るボロゴエ・オスタシコフ区間は、1907年に戦略ルートとして建設された。

ロシアのアマチュア鉄道協会の代表は、「蒸気機関車は、ロシアにとって最も偉大な歴史の記憶だ」と述べた。

沿線の歴史的建造物の多くは手付かずで残っており、蒸気機関車時代が始まった100年前そのままの状態。職員は全員、1940年代の服装という。

毎週土曜日に運行し、113キロを走行する。乗車券は1枚500円前後。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below