August 19, 2015 / 8:48 AM / 5 years ago

ロシア、ニュージーランドの一部乳製品への禁輸を解除

[ウェリントン 19日 ロイター] - ロシアは2013年に導入したニュージーランド産乳製品の一部に対する輸入禁止措置を解除した。欧州諸国からの乳製品輸入を禁止したことで、国内の乳製品不足が深刻化しているため。

ニュージーランド第1次産業省は19日、ロシアが一部乳製品の禁輸措置を解除したことを確認した。禁輸措置は、2年前に世界最大の乳製品輸出会社、ニュージーランドのフォンテラ・コーポラティブ・グループ (FSF.NZ)(FCG.NZ)の製品からボツリヌス菌が検出されたとの騒動がきっかけだった。

同省は声明で「ニュージーランドの29工場で生産する無水乳脂肪や乳清・乳清濃縮物などの乳製品への一時的制限が解除された」とし、「同じ29工場の残りの乳製品に対する一時的制限も解除されるよう、引き続きロシア当局と協議している」と述べた。

同国のグローサー貿易相はラジオ・ニュージーランドとのインタビューで「正しい方向に一歩進んだのは明らかだ」と述べた。禁輸措置の導入当初は約60工場が対象だったという。

解除された背景には、欧州がウクライナ問題をめぐる対ロシア経済制裁を延長したことに対抗し、ロシアは6月に西側諸国からの食料品輸入禁止を1年延長したことがある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below