October 8, 2019 / 9:06 PM / 12 days ago

ロシアによる米大統領選介入、選挙日後に活発化=上院情報委

2016年の米大統領選挙に対するロシアによる介入疑惑を調査している米上院情報委員会は8日、ロシア政府が関与しているIRAが同年の大統領選以降に活動を活発させていたとする報告書を発表した。モスクワで2017年4月撮影(2019年 ロイター/Maxim Shemetov)

[8日 ロイター] - 2016年の米大統領選挙に対するロシアによる介入疑惑を調査している米上院情報委員会は8日、ロシア政府が関与しているインターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)が同年の大統領選以降に活動を活発させていたとする報告書を発表した。20年の次期大統領選への介入に対する懸念が高まっている。

報告書によると、サンクトペテルブルクに本拠を置くIRAは16年の大統領選以降に活動を活性化。IRAに関連するとみられる活動はインスタグラムで約200%、フェイスブック、ツイッター、ユーチューブで約50%増加した。

調査ではこのほか、黒人系住民が主な対象となっていたことも判明した。

情報委はネット広告の出資者の開示を義務付ける新たな法律の制定を提案。このほか、ソーシャル・メディア各社は自社のプラットフォームで起きていることについて情報を共有する必要があるとの見解も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below